パパ教員の戯れ言日記

パパ教員の立場から、ただただ戯れ言を綴る日記。教員全体の意見ではありませんので、悪しからず。

教員が不足しているので免許更新してなくても臨時免許あげちゃう?みたいな?

今読んでるなろう作品の口調を真似?っていうかパクリ?的な?
(分かってもスルーでお願いします)

www.nikkei.com

headlines.yahoo.co.jp

教員免許更新制度

この前書いたんですけど、教員の免許って10年で有効期限が切れるようになったんですね。それで、講習を受けて単位が認定されると延長できます。3万円で受講して、申請するのに県の収入証紙3200円分を貼り付ける必要がある。
なんで?公務員が公務員を続けるための手続きに県の収入が必要なの?その収入から賃金が支払われるんだよ?永久機関なの?

それでですね、昭和30年4月1日以前に生まれた方は免許更新制度の対象外なんです。
なので、63歳以上の方は再任用するのに何ら問題ないんですが、問題は61歳、62歳の方々。この方々は免許更新制度の対象なんです。

が、退職するのにわざわざ自腹で免許更新する人なんていませんよ。

その結果、再任用教員としての確保もできない。

採用試験の倍率は落ち続けていますし、団塊の世代がいなくなって若い世代をたくさん採用した結果、産休育休の取得も多い。

だから、どうやら臨時免許の発行条件を緩くして、対応する流れみたいなんですが。

本末転倒っていうか、もう何でもアリじゃない…。

大丈夫なの…?

関連エントリーです

blog.edunote.jp

blog.edunote.jp

blog.edunote.jp