パパ教員の戯れ言日記

パパ教員の立場から、ただただ戯れ言を綴る日記。教員全体の意見ではありませんので、悪しからず。

手元に1000曲以上の音楽ファイルがあるなら、定額制よりもまず無料のGoogle Play Musicを試すべき

5万曲まで手持ちの曲をアップロードできるGoogle Play Music

最近、定額制の音楽ストリーミングサービスが増えましたね。
Spotifyもそうですし、Amazonも、LINEもGoogleもAppleも定額制のストリーミングサービスをやっています。

ところがですね、家から徒歩2分にレンタルCD店があったわたし。
高校生時代からコツコツとNASに貯めていた、手元にある曲との連携がなかなかに頭を悩ませます。

例えば、KOTOKO to AKI。

f:id:justsize:20180412060137j:plain

さすがのSpotifyにも無い。

ところが、

f:id:justsize:20180412060432j:plain

Google Play Musicには出現させることが可能です。

なぜなら、Google Play Musicは、5万曲まで自分の手持ちファイルを反映させられるからです。

Google Play Music Managerでアップロードする

Chromeの場合はGoogle Play Musicから出来ると記載があるのですが、
Google Play Music Managerでアップロードする方が圧倒的に楽です。常にライブラリを監視して、更新があると自動でアップロードしてくれます。

support.google.com

どこでも聴けるように

アップロードが終わると(2万曲くらいが1晩で終わりました)、後は自分の曲がどこでも聴ける状態に。

しかも、Google Play Musicの強力なレコメンド機能もそのまま使えるんです。

f:id:justsize:20180412061322j:plain

例えば、K-ON! の Have some tea? ですが、インスタントミックスを開始すると、こんな曲をリコメンドしてきます。

f:id:justsize:20180412061851j:plain

同じK-ON!の曲は良いとして、KOTOKOやLuce Twinkle Wink ☆、ave;newや小倉唯、あんきらまで。完全に「分かってる」チョイスをしてくるんですよ。怖い。

もちろん、他のアーティストでも同じようなことになります。

例えばBSB。

f:id:justsize:20180412062152j:plain

'N SyncやD-side、Westlife、98°あたりはカテゴリ的には同じですが、ちょっと志向を替えてTata Youngやアヴリル、Maroon5あたりをちょいちょい差し込んでくるあたり、なかなかにその時代まで反映しているミックスだと思います。

と言う訳で、手元にいくらか音楽ファイルがあるのでしたら、一度試す価値はあるかなと思います。思わぬ掘り出し物に出会ったり、あーこれ聴いてたわー的な感傷に浸ること間違い無しです。

なお、Spotifyでも同じようなことが出来るはずなのですが、2万曲を超えるわたしのライブラリを読み込めずにアプリごと落ちて終わりました…!

曲中のCMも全く無いですので、自分のライブラリをいつでもどこでも、制限無く楽しめる状態になります。

あ、もちろん、Google Homeでも再生出来ますよー!

オススメします。

support.google.com