パパ教員の戯れ言日記

パパ教員の立場から、ただただ戯れ言を綴る日記。教員全体の意見ではありませんので、悪しからず。

【悲報】全国学テ英語のプログラム、とある条件下でパソコンの再起動をすると動かない恐れ

前からやばいやばいと言い続けてきた英語の全国学テの調査。

とうとう4月18日に行われます。

ところが

木曜日の実施まで1週間を切った昨日、動かない恐れがあるというニュースが。

正常に作動しない可能性があるのは、①環境復元ソフトが有効な端末を用い、環境復元ソフトが無効なドライブに、「話すこと」調査プログラムを展開して、調査を実施予定②本番で使用する調査問題のプログラムを、調査で使用する端末に展開後、端末を再起動せずに、ヘッドセットの動作確認を行った。またはプログラム展開後、まだヘッドセットの動作確認を行っていない――の両方の条件に当てはまる場合。

https://www.kyobun.co.jp/news/20190412_05/ より引用

環境復元ソフトは、当たり前のように使われている

ここで挙げられている環境復元のソフトウェアは、当たり前のように入っています。
よって、事前の検証などでもチェック項目に入っていて良い気もするのですが…。

事務連絡が4月11日付

と言う訳で、12日に行われた「全国的な学力調査に関する専門家会議(第1回)」の会議資料では、PDFファイルで事務連絡が掲載されています。

http://www.mext.go.jp/kaigisiryo/2019/04/__icsFiles/afieldfile/2019/04/12/1415305_009.pdfより引用。

f:id:justsize:20190413165528p:plain

これを、都道府県の教育委員会が処理するのが12日、市教委が処理するのがおそらく週明けの15日。学校の事務さんが通知を印刷して校長先生などが目を通すのが16日、おそらくその日中には担当者の机上に。

前々日じゃない?

このブログをご覧になっている中学校の先生、いらっしゃいましたら上記通知文を印刷して月曜日に机上に先においてあげて下さい。本当に頼みます。(処理が早い地方自治体は既に学校まで降りてきているらしいですが!)

本当にお疲れ様です…!