パパ教員の戯れ言日記

パパ教員の立場から、ただただ戯れ言を綴る日記。教員全体の意見ではありませんので、悪しからず。

家に「コンピュータ」はいくつあるか、数えてみた

プログラミング教育のあるあるネタ

もう、あるある過ぎる導入なのですが、プログラミング教育の研修でもよく、「家にコンピュータはいくつありますか?」という質問をされていることが多いです。

大抵はスマホやPCの数=コンピュータの数と思う人がまだ多く、いやいや、それ以外にもたくさんあります!という流れに持って行くのが王道なのです…が。

実際、何個あるのか、数えたこと無いな

ということで。数えてみました。

YouTubeデビュー

今回は、YouTubeにその内容をアップロードしているので、ご笑覧ください。

www.youtube.com

f:id:justsize:20200204055918p:plain

課題の提示

今回、結構ガチで家の中探しまくりました。

f:id:justsize:20200204060038p:plain

バナナはコンピュータに入りますか?

f:id:justsize:20200204055838p:plain

62個でした

思ったよりあった

自分が思った以上に、ありましたね。

これ、家にあるmicro:bitとかhalocodeとかの、プログラミング教育の教材は除いているので、実際に我が家にあるコンピュータはもう少し多いですが、それでも60個を超えるとは思いませんでした。

これだけあれば、「子どもたちはコンピュータに囲まれて生活している」って言っても過言では無いですね!

皆さんも、数えてみてはいかがでしょうか。(YouTubeに内容を載せるとブログの本文がコンパクトすぎる…)