パパ教員の戯れ言日記

パパ教員の立場から、ただただ戯れ言を綴る日記。教員全体の意見ではありませんので、悪しからず。

習字がうまくなる気配が全く無い件

書き初め指導の時季になりました

今日は校内研修で書き初めの研修です。5年生は「大きな志」を学習します。

ある程度マルチな才能を求められる小学校の教員ですが、私、習字と絵はとても苦手でして…。ごまかすように「大きな腹」と書き連ねました。

f:id:justsize:20171121232138j:plain

腹を書こうと思うがあまり、腹のスペースが大きい。(自分の状態とかかってる…)

f:id:justsize:20171121232429j:plain

2回目は真面目にやってみたのですが、やっぱり経験も無い人がちょいちょいと書いただけではダメですねー。

ただやっぱり、こういうのって下手でもやってみないとダメだとは思います。子どもたちにも言っているのですが、やってもみないで諦めるのはダメだよ、と。自分にも課さないとですね。

もう少しで校内音楽会なので、朝の会でピアノ伴奏をしつつリコーダーを吹かせ、放課後は習字にトライするという、芸術の秋をこれでもかと堪能しております。

食欲の秋も堪能しており、せっかく減った体重がグングンと戻っております…。

あと一ヶ月で終業式です。スパートかけなきゃですね。

皆さんは、書き初めの記憶、残っていますか?