パパ教員の戯れ言日記

パパ教員の立場から、ただただ戯れ言を綴る日記。教員全体の意見ではありませんので、悪しからず。

「タブレット」じゃなく「ビデオ付きデジタルカメラ」と表記せよと指示を受けた

お久しぶりでございます。
ここ最近、研究発表などに追われておりまして更新が滞っておりました。失礼いたしました。

さて、今回は前向きな話を発表しようとしたら、思わぬ制約が課せられたお話です。

タブレットや大型テレビの良さを市内に広めたい

パナソニック教育財団の研究助成によって、勤務校にはAndroidタブレットが20台、大型テレビが7台導入されております。

今回は、市の教育研究会が主催のレポート発表会において、50名程度の先生方の参加希望をいただき、タブレットの活用や大型テレビが常設されることによるメリットについて発表するつもりでおりました。

なので、レジュメにも「タブレット」とか、「大型テレビ」といった言葉がたくさん出てきます。教育効果は非常に高いですよ、という文脈の、とても前向きな話です。

ところが、発表4日前になって、教育センターから修正せよとの指示があります。
(そもそも私の発表なのにどんな権限で修正を強制できるのか、とも思いますが、そんな物が吹っ飛ぶ程のインパクトです)

「タブレット」、「大型テレビ」とレポートに書くのを禁止された

修正の内容は、「大型テレビ」と書くと、NHKの受信料を払っていない状態と矛盾するから、「大型ディスプレイ」に直せということと、「タブレット」は市の予算で買っていないし、他校から何故その学校にだけ入っているのかと聞かれる恐れがあるから、「ビデオ付きデジタルカメラ」に直せということです。

いやいやいやいや。

まず、大型テレビですが、教室に置くテレビに関してはNHKの受信料免除対象なので、何ら問題ないんですよ。なので、そのツッコミは勉強されていないことを逆に露呈する結果となっています。大きな意味は変わらないので、修正はしましたけど。ここは戦うところじゃ無いです。

しかしながら、「ビデオ付きデジタルカメラ」は無いでしょう。別物じゃないですか。

これ、ちょっと通じないと思うのですが…。

f:id:justsize:20171111054028j:plain

 予算の出所が違うから関知していません→分かるけど…

市の予算で購入していない物を活用して、成果を上げたので発表します、というのは、確かに市の側からすればあまり勧められないとは思うのですが、研究って、本来そういったモノじゃ無いんでしょうかね。今あるものを深めていくのも研究ですが、やったこと無いことに対して挑戦して、こういう成果と課題がありましたというのも研究だと思うんです。それに対して、予算の出所を理由にして修正を…というのは、あまりスマートな方法では無いのでは無いでしょうか。

ましてや、タブレットをビデオ付きデジタルカメラに変更するのは、研究の本筋が変わってしまう程の修正です。レポートは直しましたけど、発表では普通にタブレットと言いました。(紙はNGだけど口頭ならOKと確認済)

という訳で、もやもやを抱えながらも、発表自体は無事に終了しました。

興味のある方、一緒に勉強しませんか?

今回は発表の資料とパワポを置いておきます。

レポートはDropboxにアップロードしました。

www.dropbox.com

 スライドはこちらです。

興味のある方は、@szsk_edu までお知らせください。