パパ教員の戯れ言日記

パパ教員の立場から、ただただ戯れ言を綴る日記。教員全体の意見ではありませんので、悪しからず。

学校の無線LANのアクセスポイントが「可動式」という謎の事態に

完全にチラ裏なのでご了承ください

いよいよ教室にWi-Fiが来るぞ

市教委から、調査が来ました。「無線LANのAP設置場所について」という調査です。
と言うことは、いよいよ、うちの学校にも、教室にWi-Fiが来るわけですよ。盛り上がってきたー!

市教委「AP設置場所を決めて返答せよ」

ん?

よく読むと、アクセスポイントは「可動式」

って書いてある。

アクセスポイントって、常設が基本じゃ無いんですか…?

管理職に確認、市教委に電話

例えば、教室でインターネット上の情報にアクセスしながら授業しようとする場合、持ち物がとても多くなる訳です。

  • 新規導入予定のタブレット
  • プロジェクター
  • スクリーン
  • スピーカー
  • 無線LANのアクセスポイント

これを休み時間の10分で設置するのは無理です。
そこで、大型テレビを常設で導入した訳ですが、それでも、

  • タブレット
  • 無線LANのアクセスポイント

となります。

惜しい。もう一つ荷物を減らしたい。
なので、詳細を確認します。

  • 常設される無線LANのアクセスポイント、3カ所(職員室、コンピュータ室、体育館)は必須
  • 残りの7つは可動式とするが、常設に割り振っても良い
  • 全ての教室に情報コンセント(有線LAN)は導入される

なるほど。校内全てをカバーするように、7つのAPを割り振っても良いということなのかな?

管理職に、なるべく常設にしたいという意向を伝え、更なる詳細を市教委に確認して良いか、承認をもらいます。

そして市教委の担当に確認。

  • 可動式を常設にふるのは構わない
  • 導入予定の無線LANのアクセスポイントはフルノシステムズのもの

なるほど。

無線LANアクセスポイント|フルノシステムズ

前の学校で、全教室にBuffaloのアクセスポイントを設置したけれども全く使えなくて、全部フルノシステムズに入れ替えた事例を知っておりますので、質をとってフルノシステムズにしたのはありがたいけれども、予算の都合で全部で10台ということなのですね。

常設する場所に悩む

とは言え、4階建てで30近い教室や特別教室をカバーするように、7台のAPを割り振るのは無理か…?一つ置けば半径20mくらいはカバーできるかな。

同時接続数は最大で21だと思われます。なので、APごとに負荷を分散させるという考えは持たなくてよいはず。電波が届くかどうかだけが判断材料になりそう。

 

家で余った無線LANのアクセスポイントを持ち込んで、Wi-Fi Analyzerかけながら、どのくらい届くのか、試しながら検討しないとかな。でもアンテナの向きとかで変わるから参考にしかならないのかな。

いや、でもそれは専門家がやるべきだから、おとなしく全部可動式にすべきかな。

でもそうすると授業の準備がなぁ…。

どうしたらいいですかねぇ。