パパ教員の戯れ言日記

パパ教員の立場から、ただただ戯れ言を綴る日記。教員全体の意見ではありませんので、悪しからず。

朝の除草作業で本気出した結果…

月曜日の話なのですが、朝から学校全体で除草作業をしました。
我がクラスは校庭の周辺担当。めちゃくちゃ範囲が広い。

めんどくさい!サボりたい!→分かる

子どもたちにとって、除草作業、要は草取りは面倒くさい作業としか言い様がないというか、普通なら一生懸命にやろうだなんて思わない作業なんで、ついついサボってしまいがちです。まぁ、ある程度は分かる。うん。

私も私で、そういったサボった人に目が行ってしまって、

「ほら、そこ、口じゃ無くて手を動かす!はい、がんばろー!」

なんて言ってしまって、そっちに集中してしまい、自分は作業があまりできないのですが、今回はそれ、辞めてみました。

自分が本気でやった

f:id:justsize:20170906223955j:plain
*1

もう、この夏休みの間に伸びに伸びまくった雑草たちを前にして、これはもう、自分が率先してやらないとダメだと。

軍手を装着。子どもたちが配置についたことだけ確認して、後は任せた。よろしく。
自分はひたすらに、脇目もふらず草取りました。

手伝ってくれる子が増えた

そうしたら、どうでしょう。注意しまくっていた時よりも、子どもたちの取り組みがグンと上がっています。

ふと顔を上げて、子どもたちが始めた方を見ると、ほぼ全ての草が無くなっている。
少し離れた私の作業場所までやってきて「先生、手伝うよー。」なんて言いながら、取ったはいいものの、後回しにしてビニール袋に入れていなかった草の山を、どんどんと減らしていってくれます。

結果、15分の作業で、45Lのゴミ袋4袋分の草を取ることができました。

なんだ。この子たち、一生懸命な姿を見ると、一緒にがんばってくれるんだなー。

注意しすぎないことの大切さに気づいた新学期2日目でしたよ。

でも、これで終わらないのが私です。

1時間目の途中。

「うおおおおおお!?先生!!!!!先生!!!!!!」

な、何があった。

「先生、ズボンにアオムシ付いてます!」

「え?…!あら…!!!!!ホントだ!」

右脚太もも部分に、角を思いっきり伸ばして威嚇しているアオムシが。

クラス中大騒ぎです。笑

ティッシュでくるんだ後、花壇に戻してあげました。あービックリした。

と言うわけで、2学期スタートしたので、こういう日記っぽいのが続くかと思いますー!

組体操にも挑戦中。今年はメイン担当ではありませんが、指導中に思ったことも語っていこうかと。内側から見る組体操の姿も時々書いていきますので、たまにのぞいてみてくださいねー!Twitterのフォローもお待ちしております。まぁこんなことやってますけど。

*1:写真はイメージです。ぱくたそには雑草の写真まであるのか…。